【コロナ対策に有効?】ビタミンDの成分が新型コロナウイルスに有効?

健康 病気

新型コロナウイルスにビタミンDの成分が効果があるという情報について深堀りします!

ビタミンDを簡単に効率的に摂取できる方法も御紹介していますので、是非参考にして頂ければと思います。

ビタミンDの成分が新型コロナウイルスに有効?

ビタミンDに注目したきっかけ

高齢者が特に重症化しやすいと言われる新型コロナウイルス。

その新型コロナウイルスに効果がある食材などはないものかと普段から気になっていました。

そんな時にたまたま見かけた以下の記事

新型コロナウイルスの罹患率、死亡率とビタミンDに関連性 欧州20カ国のデータを比較検討 | スポーツ栄養Web【一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト】
ビタミンDレベルと感染症リスクの関連については、それを支持する報告と否定する報告があり議論が続いているが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関して、関連かあるとする考え方を支持する観察研究のデータが報告された。英国の研究者らが

記事の内容を簡単にお伝えすると、ヨーロッパでの研究の結果、ビタミンDの血中濃度が低いと新型コロナの感染率、死亡率がともに高いということ。

この記事自体が2020年の6月に掲載された記事であり、まだコロナが蔓延し始めて世界中がパニックになり始めた頃ですよね。

さすが海外のヨーロッパの研究は早いなと思ったものです。

それはさておき。。。

まだ、コロナ対策が2021年になった今でも感染対策しかない日本において、このコロナ対策になるかもというビタミンDが気になりませんか?

そもそも、ビタミンDとはどういうものなのか、そこからスタートしたいと思います。

ビタミンD

ビタミンDとは?

ビタミンD | オーソモレキュラー栄養医学研究所
ビタミンDの効果 ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つのに働いています。また最近では、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどに有効かもしれないという報告もされるよ

上記の記事にも記載がありますが、そもそもビタミンDとは骨のバランスを整える栄養素なんですね。

そのビタミンDは、上記の通り、免疫力アップなどの効果も確認されているとのこと。

その流れで、コロナに効果があるかもという流れになったのかもしれませんね。

ビタミンDの効率的な取り方

食べ物


参照元:ビタミンDを多く含む食品 – 骨粗鬆症財団

上の画像の通り、ビタミンDを多く含む食品 – 骨粗鬆症財団によると、ビタミンDが多く含まれている食材は、魚類・きのこ類です。

特に魚に含まれるビタミンDが非常に多く、また、カルシウムも同時に多く摂取できるのでおすすめです。

日光浴(紫外線)

皮膚に日光(紫外線)があたることで、体内にビタミンDが生成されます。

そのため、適度な日光浴、できれば体を動かしながら紫外線を浴びるウォーキング等をすることで、ビタミンDを摂取しながら健康的な体を作るのも良いですね!

以下のサイトに詳細に記載されていますので、参考にしてくださいね。

ビタミンDをつくるのに日光浴が必要 4つの方法で紫外線に対策|ニュース
国内外の糖尿病関連情報をスピーディーにお...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2021年でも脅威になっている新型コロナウイルスですが、御紹介したように食べ物や日光浴といった簡単な行動で摂取できるビタミンDがコロナに効果があるかもと聞けば、ちょっとやってみようかなと思いますよね?

かくいう私もその一人で、意識的にウォーキングをするようになったり、食事に魚をとるようにしています(笑)

やはり、感染時の重症化を考えると、少しの効果かもしれませんが、少しでも重症化を下げられるのであれば価値はありますよね?

皆さんも、この記事に騙されたと思って試してみては、いかがでしょうか?

最悪、ここで御紹介している食べ物や日光浴は、最悪新型コロナウイルスに効果がなかったと後で証明されても、健康にわるいものではありませんので(笑)

最後に、お医者さんの記事も含め、新型コロナウイルスとビタミンDとの関係性について書かれている関連記事もご紹介させて頂きますので、参考にして頂ければと思います。

関連記事

ビタミンD、C、E、亜鉛、セレン、ω3脂肪酸は新型コロナウイルスのリスクを下げ得るか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リスク抑制に、微量栄養素はどのくらい影響を与え得るのだろうか。

COVID-19パンデミック以来、このテーマを取り上げた多くの論文が発表されてきている。

それらの中から今回は、かねてから免疫能との関連が報告されていた、ビタミンD、C、E、亜鉛、セレン、ω3脂肪酸にスポットを当てた総説を紹介する。

ビタミンD、C、E、亜鉛、セレン、ω3脂肪酸は新型コロナウイルスのリスクを下げ得るか? | スポーツ栄養Web【一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト】
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リスク抑制に、微量栄養素はどのくらい影響を与え得るのだろうか。COVID-19パンデミック以来、このテーマを取り上げた多くの論文が発表されてきている。それらの中から今回は、かねてから免疫能との関

緊急速報 ビタミンDでコロナ感染予防を

緊急速報 ビタミンDでコロナ感染予防を | 健康コラム | 田中消化器科クリニック|炎症性腸疾患診療や胃・大腸カメラ(内視鏡検査)を静岡市で実施
年間7,000件の内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を実施。豊富な実績でがんの早期発見と適切な治療を行います。きめの細かい炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)診療、アンチエイジング(抗加齢医学)にも力を入れています。

新型コロナウイルスが重症化した人に不足していた「ビタミン」の正体とは?医師が解説します。

今回は、新型コロナ感染症に感染して重症化してしまう人たちにはあるビタミンが不足していて、そのビタミンを補給しておけば重症化を予防できるのではないかという話について詳しく解説していきたいと思います。

新型コロナウイルスが重症化した人に不足していた「ビタミン」の正体とは?医師が解説します。 | CLINIC FOR (クリニックフォア) 内科・アレルギー科・皮膚科

新型コロナウイルスービタミンDによるCOVID-19対策

本稿では、COVID-19の感染予防、軽症者の重症化予防に関するビタミンDのエビデンスを紹介します。

新型コロナウイルスービタミンDによるCOVID-19対策 | トピックス&オピニオン | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
日本生活習慣病予防協会は、生活習慣病の一次予防を中心に、その成果、診断、治療、リハビリテーションに関する知識の普及啓発、生活習慣病の調査研究を行うことにより、国民の健康の増進に寄与することを目的に活動しています

新型コロナウイルスの流行下におけるビタミンD不足に警鐘!

新型コロナウイルスの流行下におけるビタミンD不足に警鐘! |順天堂

新型コロナウイルスとビタミンD

新型コロナウイルスによる死者はアメリカでは猛威をふるっている。

特に黒人の死亡率は高く白人の5倍にもなる。また新型コロナウイルスによる死亡率の高いイタリア、イギリス、スペインの方のビタミンD濃度が低いとの報告もある。

新型コロナウイルスとビタミンD | 福岡 中村博整形外科
福岡の整形外科専門病院として、より質の高い医療の提供!フェリチンとは・・・
タイトルとURLをコピーしました